格安スマホとSIMカードの比較情報サイト!

スマホの費用が家計に占める割合が増えています。スマホの月額費用が1人7千円を超え、家族全員で2万円以上の支払いとなる方も少なくないのではないでしょうか。

格安スマホに乗換えれば、月額費用を半額以下に抑えることができます。

「格安スマホ比較ガイド」は、これから格安スマホへの乗換えを真剣に考えている人にわかりやすい情報を提供したいと考え立ち上げました。皆さまの格安スマホへの乗換えの一助となれば幸いです。

格安スマホ・SIM比較

MVNO
格安SIM比較
格安SIM事業者(MVNO)を料金・プラン・オプションで比較
格安スマホカタログ
おすすめ「厳選」格安スマホ
当サイトが厳選した4万円以下入手できるスマホを紹介
SIM検索
格安SIM検索
ご希望の条件を指定すれば、ぴったりのSIMカードが探せる!
格安SIM通信速度ランキング
格安SIM通信速度ランキング
格安SIM事業者(MVNO)を実際の通信速度で比較

格安スマホ・SIM スタートガイド

格安スマホスタートガイド
スタートガイド
格安スマホについて分からないことはスタートガイドで確認!

格安スマホ・SIMカードとは?

格安スマホは、価格の安いスマホ端末のことを指しているときと、スマホ端末とSIMカードの両方を指しているときがあります。当サイトは「格安スマホ比較ガイド」となっていますが、スマホ端末とSIMカードの比較と解説を目的としています。

スマホ端末
      日本で普及割合の高いスマホ端末は、高機能で価格も10万円前後するものです。大手キャリア(ドコモなど)では、端末価格は実質無料となり、実際の端末価格などを調べることはありませんが、10万円前後する高機能なものが殆どです。端末無料は利用者にとっては嬉しいことですが、その分、月額費用は高額となっています。

一方で格安スマホは、明確な区切りがあるわけではありませんが、端末価格が4万円以下のものを指しています。安くなると機能が低くなるイメージがありますが、安くても機能が十分なものがあります。

パソコンがイメージしやすいかもしれません。パソコンも値段は数万円のものから30万円を超えるものがありますが、10万円前後のもので十分に利用できるものがあります。スマホも同じように選び方を間違わなければ、安くても大丈夫です。

 

SIMカード
      通話・インターネット・LINE・アプリをするには、スマホの中にSIMカードを入れる必要があります。SIMカードに契約者の識別番号などが記録されており、その番号を読み込んで電話や通信をしています。

大手キャリアでも同じですが、店員がスマホにセットして渡してくれますので知らないかもしれません。

大手キャリアでは、データ通信量は無制限で、端末代は実質無料などサービスもオプションも充実していますが月額費用は7,000円以上となります。

一方で格安SIM事業者は、データ通信量は利用者が使う分だけ契約し、サービスやオプションも制限することで月額費用を抑えています。

データ通信量に対する料金の違いやオプションの違いなど、格安SIM事業者ごとにさまざまなプランがあります。そのため、ご自身に必要なデータ通信量やオプションなどを洗い出し、それに合致する事業者を選ぶ必要があります。

格安スマホの疑問

よく寄せられる質問について、まとめてみました。

Q1:スマホ端末を含めても安いの?

豚の貯金箱はい、総額で比較しても安くなります。

大手キャリアの場合はスマホ端末が無料となることがあるので、一見するとそちらの方が安くなるように思われがちですが誤りです。

計算してみるのが分かりやすいので、次の表をご覧ください。

 

月額費用の計算例
大手キャリアの場合
月額費用(7,000円)×24か月+スマホ端末(0円)=168,000円
格安スマホの場合
月額費用(2,000円)×24か月+スマホ端末(35,000円)=83,000円

 

Q2:電話番号はそのままで乗換えられるの?

携帯電話番号はい、電話番号そのままで乗換えることができます。

大手キャリア同士で乗り換えるときに、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)というものを利用して番号を乗り換えますが、格安スマホでも同じくMNPで大手キャリアで使っていたものを使い続けることができます。

 

Q3:メールアドレスはそのまま使えるの?

メール大手キャリアで利用していたメールアドレスは使うことができません。

このタイミングで、Gmailなど事業者を乗り換えても使い続けることができる無料のフリーメールを主の連絡先として利用するようにしましょう。

 

Q4:LINEやアプリは使えるの?

メッセージアイコンはい、利用できます。

乗換える際にデータの引き継ぎも行えば、それまでに蓄積したデータや連絡先も一緒に乗り換えることができます。

 

Q5:普通のスマホとの違い・デメリットはないの?

格安SIM事業者は、コストを抑えることで、利用者にも安くサービスを提供しています。コストを抑えている大きなポイントとして制限と人件費が関係あります。

その部分がデメリットとなることがありますので説明します。

1:通話時間が多い人は、通話料に強い事業者を選ぶ

スマートフォン大手キャリアの場合には、プランによって通話料が格安になり家族間は無料となりますが、格安SIM事業者の場合には30秒20円が基本となります。

スマホから電話の発信をよくする人は、格安スマホに乗換えると割高になることがあります。

しかし、最近改善されつつあり通話料も格安になるプランが登場しています。

 

2:格安スマホは自分で最適なものを選択

ウェブ格安スマホの場合には、基本的にはインターネットで色々と調べて、事業者を選択し、申込みをするのはご自身となります。

店舗で説明を受け、設定などもすべて事業者に行ってもらう必要がある方は大手キャリアのほうがよいです。

格安スマホを検討しはじめたときは、よく分からないと思いますが、少し調べれば簡単に理解できます。その少しの不安のために、何倍もの料金を払い続けることは避けた方がよいです。そのために当サイトを立ち上げましたので活用ください。

>>スタートガイド

 

3:通信速度について動画で確認

通信速度大手キャリアよりも通信速度は遅くなります。

ほとんどの時間において、体感的に遅くなったと感じることはありませんが、スマホの利用者が最も増える平日のランチタイム(12時~13時)は遅さを感じます。

と書いてしまうと乗換えを躊躇されるかもしれませんが、当サイトでは遅い時間帯のスマホの使用感を動画で紹介していますので確認してみてください。「このぐらいであれば問題ない」と納得される方が多いです。

>>格安スマホ・SIM 通信速度を毎月比較!